在籍確認の電話の内容について

MENU

在籍確認の電話の内容について

キャッシングを利用する際に一番気になる事が、電話による在籍確認ではないでしょうか?

 

特に初めてキャッシングやカードローンを利用するような人は、「ちょっとドスの効いたような声で会社に電話されてしまうのでは?」なんていう風に心配になってしまうかもしれませんね。

 

ですが、キャッシングやカードローンの在籍確認の電話で、何か不利益を被ったり、不快な思いをするような事はありませんので、安心して頂ければと思います。

 

在籍確認の電話は、借入申込書に記載をした会社に
あなたがキチンと在籍しているかを確認するために行われます。

 

キャッシング会社は「第三者にキャッシング契約の事実を知られてはならない」という法律下で業務を行っていますので、あなたの会社に電話をかける際に「○○金融ですが」とか「ローンズ○○です」などと名乗ることは絶対にしません。

 

個人名で、「鈴木と申しますが、○○さんはおられますでしょうか?」といった具合に、「個人間の用事」というシチュエーションを演じる配慮をしてくれますので、何の心配も要りません。

 

この在籍確認をする際には、あなたがたまたま外出で不在でも問題はありませんので、安心をして下さい。他の社員の方が、「○○(あなたの名前)はあいにく席を外しておりますが」と対応してくれれば、それで在籍確認が取れた事になりますので、会社を留守にしていても問題はありません。

 

この在籍確認の電話は、あなたがパートやアルバイトであっても同様の対応をしてくれますので、心配はご無用です。

 

在籍確認がどうしてもできない場合は・・・

 

滅多に関係者以外から電話がかかって来ない会社にお勤めで、「たとえ個人名であっても疑われて困る」という特異な事情がある場合には、その旨を正直にキャッシング会社やカードローン会社に相談をしてみる事をオススメします。

 

こちらのサイトが参考になります。
在籍確認なしのキャッシング〜会社に電話なしで良かったカードローン

 

社員証で確認を取るとか、会社発行の在籍証明書で在籍確認の替わりにするとか、「応相談」で対応をしてくれますので、あまり深刻に考える必要はありません。

 

在籍確認の電話というものは、通常では審査がOKになり、その総仕上げとして行われるものですので、在籍確認の電話が入ったならば、イコール「借入審査は突破できた」と判断ができます。

 

不安だった審査の終了の合図と考えれば、
在籍確認の電話も気楽に考える事ができるようになりますよね?

 

条件にもよりますが、最近では在籍確認の電話を割愛するキャッシング会社、カードローン会社も増えて来ていますので、どうしても在籍確認の電話に抵抗がある方は、そのような対応をしてくれる会社を探すのも一手です。