銀行カードローンは総量規制の対象外で年収制限なし

MENU

銀行カードローンは総量規制の対象外で年収制限なし

総量規制という言葉をご存知でしょうか?

 

おそらく、スマホユーザーで、初めてキャッシングやカードローンの利用を検討されている方は、総量規制という言葉の意味をご存知ないかと思います。

 

総量規制とは、国が消費者金融に課した規制の事で、わかりやすくは以下のように取り決めがなされています。

 

「年収の三分の一を超える額に関しては、どんなに信用状態が良好な人でも、新たな貸付をしてはなりませんよ」

 

以前は規制が緩やかで、信用状態さえ良好ならば、消費者金融はどんどん貸付を行っていましたので、結果として「借り過ぎで返済ができない」という消費者が異常に増加するようになりました。

 

そこで、国は総量規制という規制を設けて、一定の金額以上は新たな貸付ができないようにしました。超大手企業に20年務めるサラリーマンでも、勤続20年の国家公務員であっても、その人の年収が600万円であるならば、消費者金融から借金ができるのは、その三分の一である200万円まで。

 

それ以上はびた一文たりとも借入ができない決まりになってしまったのでした。(-_-;)

 

消費者の借り過ぎを防ぐために導入されたのが総量規制なのですが、しかし、その規制によって不便を被る消費者もたくさん出たのも事実です。そんな「借りたいし、返せるのに借りれない消費者達」が利用したのが、銀行が提供するカードローンというサービスでした。

 

銀行から借金をするというと、重厚な審査があったり、法人でないと無理だと思ったり、手間も物凄くかかるような印象がありますが、銀行カードローンは消費者金融のキャッシングと同じように気軽に利用ができるようになっています。

 

しかも、スマホからでも借入の申し込みができますので、カードローンを利用する人は個々数年で爆発的に増加しています。何より、カードローンは、運営元が銀行だという理由で、総量規制の規制対象から外されていますので、信用状況が良好な人であれば、年収の三分の一という制限を受けることなく借入をする事ができます。

 

消費者金融のキャッシングで年収の三分の一までという総量規制に引っかかってしまった人でも、銀行のカードローンであれば、銀行がOKと判断する額まで借入をする事ができますので、非常に便利です。

 

安定した収入があって、自分自身で返せる自信があるのに、消費者金融のキャッシングを利用しようとして借入審査でNGを食らった方は、一度銀行系カードローンの審査を受けなおしてみては如何でしょうか?

 

スマホ専用のサイトがある銀行カードローンもたくさんありますので、まずはサイトをのぞいてみる事をおすすめします。