収入証明書なしで借りたい

MENU

収入証明書なしで借りたい!

所得証明書とは、あなたの直近の所得状況(収入の状況)を証明してくれる書類の事です。

 

最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、直近2カ月の給料の明細書、1年分のボーナスの明細書などが所得証明書として扱われるのですが、会社によってはこれら所得証明書を集めるのが意外に面倒だったりします。

 

ですから、「免許証だけで借金できないの?」と思ってしまう人が多いのも現実で、そういう「面倒くさがり」の方の為に、以下のような借入条件が設定されています。

 

消費者金融の場合

消費者金融のキャッシングサービスを利用する場合には、借入希望額が50万円以下、そして他社からの借り入れを合わせた合算借入額が100万円以下の借入申し込みの場合には、所得証明は基本的には必要とされません。つまり、免許証などの本人確認用書類だけで借入の申し込みができます。

 

銀行カードローンの場合

ですが、銀行のカードローンでは、もっと楽な条件設定がなされていますので、「所得証明書を準備するのが本当に嫌だ」という人は、最初から銀行のカードローンを利用して借金をするようにした方が良いかもしれません。

 

カードローンサービスを提供している銀行によって条件は異なっているのですが、一般的には借入希望額が100万円以下の場合(銀行によっては300万円まで所得証明書不要というカードローンもあります)には所得証明書は要求されません。

 

キャッシングの場合は50万円以上の借入希望で所得証明書が必要になってきますので、銀行のカードローンの方が圧倒的にハードルが低い事が良くわかります。

 

これには総量規制という国が定めた「過剰な借入防止措置」が深く関係していて、その総量規制の対象になっている消費者金融には、「借入希望者の所得に見合った額しか貸してはいけませんよ!」と国が厳しく規制をしているので、消費者金融のキャッシングサービスを利用する際には、面倒な所得証明書までもが要求されるようになっているわけです。

 

ですが、銀行のカードローンにはこのような総量規制はかけられていませんので、あまりうるさい事は言われずに借入の申し込みをする事ができるようになっています。

 

借り過ぎは確かに良くありませんが、キチンと返済のコントロールができる人、過去の収入は少ないが、まとまったお金が入ってくるあてがある人にとっては、カードローンの方が利用しやすいかもしれませんね。

 

どちらにしても所得証明書が無くても借入ができる金融サービスがたくさん存在していますので、自分のタイプに合ったものを選んで気軽に利用してみる事をおすすめします。