審査でみられるポイントはココ

MENU

審査でみられるポイントはココ

消費者金融やカードローンを利用する場合、最大の難関となるのが「審査」ではないでしょうか。

 

店頭で申し込みをしようが、無人契約機で申し込みをしようが、スマホから申し込みをしようが、キャッシングやカードローンの利用で避けては通れないのがこの審査というものです。

 

ただ、この審査というもの、果たしてどのような事が調べられるのかを皆さんは御存知でしょうか?おそらく、「改めて聞かれてみると・・」という方が多いかと思いますが、キャッシングやカードローンを利用しようとお考えならば、この審査というものの内容は把握した方が良いでしょう。

 

キャッシングやカードローンの審査では、基本的に以下のような事が審査されます。

 

  • 「申込内容の名前や住所、年齢、勤務先、雇用形態、勤続年数等に虚偽事項がないか」
  • 「他社からの借入などはないか」
  • 「過去にキャッシングやカードローンを利用して、酷い延滞などを起こした事がないか」
  • 「債務整理などの金融事故を起こした事はないか」

 

など、挙げていくと様々な審査内容が出てくるのですが、大まかには上記のような事が審査されていると思って間違いありません。数ある審査項目の中で、最も重要視されるのが、他社からの借入状況や過去の延滞、金融事故などの情報です。

 

過去に著しい延滞をしたり、自己破産や任意整理などの債務整理を行っていたりすると、その記録が「ブラックリスト」として記録され、審査の際にはその内容が照会されてしまい、「審査NG」となってしまいます。

 

個人の信用情報を必ずチェックされる

 

キャッシングサービスやカードローンを運営する会社や銀行は、それらの信用情報をオンラインで参照できる組織に加盟をしていて、過去の金融事故履歴や直近の他社からの借入状況を参照できるようになっていますので、利用する側は隠したくても隠せません。

 

審査の際には、さらに「最近、他社で借入の申し込みをしたかどうか」まで調べられますので、他社の借入がゼロだと安心をしていても、あまりに借入申し込みの数が多かったりすると、審査がNGになってしまう事もあります。

 

ただし、普通に安定収入があって、過去に延滞や債務整理などを起こした覚えのない方ならば、この借入審査を必要以上に恐れる必要はありません。

 

キャッシングやカードローンを提供する会社や銀行も、お金を貸さないことには商売にならないわけですから、「信用に著しい問題がなければ、基本的には相手も貸したい」のが本音です。

 

必要以上に怖がらずに、正しい知識を身につけて、必要で困っている時にはキャッシングやカードローンを利用してピンチを切り抜けるようにすると良いでしょう。