お金の返済に遅れた場合はどうなる?

MENU

お金の返済に遅れた場合はどうなる?

キャッシングやカードローンを初めて利用する場合には、金利や借入審査のことばかりに頭が行ってしまう人が多いようですが、「果たして返済が遅れたらどうなる?」という事についても知っておいた方が良いので、ここにご紹介をしておきたいと思います。

 

キャッシングやカードローンの会社は、お金を貸して、金利を上乗せした金額を返済してもらう事で経営が成り立っていますので、返済の遅れに関してはシビアな対応をしてきます。

 

クレジットカードなどではもう少し緩やかですが、キャッシングやカードローンでは、返済が一日でも遅れると、すぐに携帯電話に連絡が入るようになります。

 

以前はいきなり勤務先に電話がくるような事もあったのですが、一日や二日の返済遅れであれば何かの間違いというケースもありますので、とりあえずは携帯に腰の低い声の電話が入るようになります。

 

返済が遅れてしまって、その催促だと思って電話に出ない方が結構いるのですが、電話に出ないと事態を悪くさせるだけですので、かかってきた電話には必ず出るようにしましょう。

 

取り立てに怖い人が来たりはしない

 

キャッシングやカードローンは貸金業法という厳しい法律で規制がなされていますので、消費者が恐怖を感じるような取り立てはしてはならないと定められています。

 

一日や二日の延滞であれば、こちらがびっくりしてしまうような低姿勢で「何かございましたでしょうか?」と言った問いかけをされるだけですので、「忘れてました」とか、「何日までに支払いをします」という風に回答をしておけばOKです。

 

この電話に出ないでいると、勤務先や自宅の電話にかかってきたりしますので、周囲に借金している事がばれてしまうので良くありません。

 

さらに放置をしておくと、社員が自宅や会社に様子を伺いにきたりするケースもありますので、万が一延滞をしてしまった場合には、ユーザー側も誠意を持った対応をするようにしましょう。

 

すぐにブラックリスト入りしたりはしない

 

ユーザーの中には、一日でも延滞をするとブラックリストに載ってしまうのではないかと心配する人が多いのですが、そんな事はありませんので心配は無用です。

 

何度も短期間延滞を繰り返していると別問題ですが、目安として三ヶ月以上延滞をしない限りブラックリストに載ってしまうような事はありませんので、安心をして下さい。

 

とはいえ、遅延延滞金がかかってしまったり、借りているキャッシング会社、カードローン会社内でのあなたの信用状況が低下してしまったりしますので、期日を守った返済をしておくに越した事はありません。

 

ルールを守ってお金を借りるようにしましょう。