お金の返済に困った時は?

MENU

お金の返済に困った時は?

キャッシングを利用していて一番困るのは、「返済ができなくなってしまった!」という状況に陥ってしまった場合です。借金が返せないとなると、多くの人が冷静さを失ってしまい、恐怖に怯えたりよからぬ事を想像してしまったりします。

 

ですが、対策は色々とありますので、そんな時にはまずは落ち着いて対処をする事が重要です。

 

もしも複数のキャッシング会社からの借金があり、月々の返済額に圧迫されてしまっているようならば、おまとめローンを利用してみるという方法があります。

 

一社からの借入であれば、リボルビング形式の返済方法を選択すれば、例え借入額が多くても、月々あたりの返済額はある程度は小さくする事ができます。

 

ですが、例えば四社から30万円ずつ借り入れているような場合ですと、一社当たり2万円ずつの返済がでも、それが四社分ですから、一ヶ月の返済額は8万円ずつになってしまいます。

 

そのような状態では、「もう返済ができない!」という状況に陥ってしまいますので、おまとめローンを利用して借入を一本化して、月々の返済額を減らしてみるという対策を取る事ができます。

 

おまとめローンも無理なほど厳しい状況の場合

 

おまとめローンの利用も難しいという状況であれば、まずは現状を冷静に分析して、直接キャッシング会社に相談をしてみるというのも有効な選択肢になります。

 

返せない状況が、例えば急に会社を解雇されてしまったとか、病気でしばらく入院する必要が出てしまったとか、「一時的な収入減」であるならば、キャッシング会社は好意的に返済の相談に乗ってくれます。

 

キャッシング会社といえば怖い会社のイメージがあるかもしれませんが、「遅れるけど、状況が改善すればちゃんと払う」と言っているユーザーに、非紳士的な対応はしません。

 

親身に一緒に返済計画の相談に乗ってくれますので、怖がらずに相談を持ちかける事が重要です。

 

いや終わった・・・もう返せるあてが全くない・・・

 

おまとめローンも無理、一時的な収入減でもない、どうやっても返せそうにない、という状況であるならば、債務整理という方法を選択するしか方法はありません。

 

自己破産や任意整理、特定調停など、弁護士や司法書士を通じて債務の減額など、債務整理の交渉をする事が出来ますので、「どうにもならない」という場合でも救いの手はあります。

 

返せなくなったからといって絶望的にならずに、まずは冷静になって、専門家に相談をしてみる事が重要です。万一最悪の状態に陥っても、上述のような救済方法があるのは事実です。

 

ですが、あくまでも非常事態の緊急方法ですので、何より返せる範囲でキャッシングは利用するように心がけましょう。