キャッシング利用時の注意点

MENU

キャッシング利用時の注意点

キャッシングを利用する際の注意点は色々とありますが、
その注意点をステップごとに見ていくことにしましょう。

 

借入前に注意する事

 

まず、借り入れをする前のステップでは、必要書類を先に準備しておくようにしましょう。

 

通常の借入では、運転免許証や保険証、パスポートがあれば借入の申し込みはできますが、各身分証明書に記載の住所と実際に居住している場所が違っていたりすると、審査で不都合が出ることがありますので注意が必要です。

 

事前にしかるべき機関で書換えをしておくか、それが難しいならば公共料金の請求書などを準備して、「現住所」の確認がしっかりできるようにしておく事が必要です。

 

また、他社から借り入れをしていたり、過去に多額の借入履歴があるような方は、所得を証明する書類を事前に準備しておくようにした方が安全です。源泉徴収票や給料明細など、直近の所得を証明できる書類を準備しておくようにして下さい。

 

給料明細を所得証明として使用する場合には、給料明細に会社名や会社の住所などがキッチリと記載されているものを準備するようにして下さい。小さな会社だと、簡単なレシートみたいな給料明細しか渡してもらえない事がありますが、それでは審査に不利に働いてしまう事もあります。

 

そのような給料明細しかないような方は、会社に相談をして、社印がつかれたキチンとした給料明細を準備しておいた方が手続きがスムーズになりますので、注意をしておかれると良いでしょう。

 

審査を待っている状態での注意点

 

また、審査を受けて結果を待っているステップでも、注意をすべき事項があります。
審査の結果を待っている間は、他のキャッシング会社の借入申し込みはしないようにして下さい。

 

「審査が駄目だった時に備えて念の為」と考える人が結構いるのですが、キャッシングは申し込みをしただけでも、その記録がオンラインで照会できるようになってしまいます。

 

「申し込みだけなら何軒もハシゴしても大丈夫だろう」などと考えると審査でNGになってしまう事もありますので、注意をするようにして下さい。

 

お金を借りた後の注意点

 

借りたあとのステップでは、「とにかく返済は絶対に延滞させない」という事が重要になります。

 

現実には一日や二日程度返済が遅れても、ブラックリストに載ってしまうような事は無いのですが、延滞が長引いたり、延滞を繰り返したりすると、信用状況が著しく悪化してしまう事になりますので注意が必要です。一度信用状況に傷が付くと、修復させるのは非常に難儀ですので、延滞だけは避けるようにしましょう。